ストレスが原因で便秘の症状を引き起こすことも


ストレスが原因で便秘の症状を引き起こすことも

様々な健康を害するものとして、色入な場面に登場してくる「ストレス」があります。この悪者はありとあらゆる病気の原因になりうる恐ろしい存在であり、また登場機会もとても多く、とても身近な存在でもあります。

そのストレスはやはり、様々な原因で引き起こされる「便秘」の原因にもなりえます。

ストレスが蓄積されてくると、自律神経を乱し始めます。自律神経は自分の意思ではコントロールが出来ないもので、交感神経と副交感神経からなっていますが、両者ともストレスによる影響は受けやすいです。

副交感神経は消化器官を制御する働きがあり、増築されてきたストレスにによって、この副交感神経は影響を受けることになりその働きが乱れ、その結果消化器官の働きが鈍くなって、もたらされる症状の一つに便秘があります。

そのため、精神的にストレスが溜まるような生活をしている人が、便秘に悩んでいるとしたら、その原因はストレスを疑ってみてもいいでしょう。

ストレスが多い生活をしていると確信できるなら、その原因を減らすような生活に変えていくべきでしょう。ストレスが少なくなってくると、自律神経への負担も減り、徐々に神経的な乱れが改善されていきます。

それによって各消化器系の期間が、それぞれ正常な活動に向かっていき、そのため便秘も改善されていくことも十分期待されます。

他の原因も合わせて考えながら、複合的に生活リズムがよくなっていと、さらに便秘も良くなっていくでしょう。

便秘の原因と症状
線
便秘解消と対策
食生活の乱れが便秘の原因になる イメージ
New!
不規則な食事や
片寄った食事など
食生活の乱れは修正しましょう!

水分不足は便秘になる大きな要因 イメージ
PicKup
身体に水分が不足してくると
便の水分も不足し硬くなって
便通も悪くなってしまいます

適度な運動も便秘対策におすすめ イメージ
Point
運動不足は自律神経を乱し
弱い腹筋は腸の活動を
弱めます。適度な運動で解消!

便秘解消に効果的な食べ物と栄養素
サプリメントで便秘解消をする方法
下剤の多用は要注意!